CONTACT US

We Serve all the product security printing and anti-counterfeit printing.

The above samples belong to each company and for reference only.

Copyright By HOLO SOLUTION INC. All Rights Reserved

  • Facebook
  • YouTube
  • line-icon

HOLO SOLUTION INC. 

TEL+886 4 8655805

No.200, Ln. 149, Sec. 2, Zhangshui Rd., Puyan Township, Changhua County 516, Taiwan.

環境保護を目指し、人文を広めます

‘‘ advocate Humanity‘‘ 

社会的責任

‘‘ Social Responsibility ’’

企業の経営は、ただ利益を得るばかりでなく、社会に対してフィードバックする事は、一種の無形の責任です。淩雲(Holo Solution inc.)は、お役に立てる様、公益事務に積極的に参与し、更に内部の管理について、淩雲は、マネジメントの巨匠ピーター・M.センゲの『最強組織の法則(5つの修練)』の実現をもって、この書に述べられている学習する組織を訴求し、一歩一歩成長して行くと共に、環境を自ら改善し、有機的な組織を目指します。各従業員が健康でポジティブな心境を持つ事を教育するばかりでなく、会社の経営も更に社会から信頼されるに値する企業になる様に致します。

1.淩雲科技は、2006年新工場を建設した際、全般的に大地を大切に保護する事、緑化、雨水回収及び排水を減らす設計、全体作業員を挙げて、植樹やレンガの敷き詰め作業・・・等を実施致しました。

2.工場エリアには、環境保護の回収標示や資源回収区の分類をして、全従業員が皆着実に環境保護を実施分類出来る様に致しました。

3.常にコミュニティの環境保護資源回収或いは資源再利用講座に参与しています。

4.慈済の人文薫る茶道宣伝指導とコミュニティの環境保護回収に参与し、
精神の成長を分かち合っています。

安全衛生

‘‘ Health and Safety ’’

1.毎年人を派遣し、工業安全衛生事故予防に参与し、緊急事態及び消防安全関連等の訓練、不定期に同僚と関連課程について共有しています。

2.不定期に専門家を招き、或いは顧問が会社に来てどのようにすれば、工場内の作業環境安全及び衛生を有効に向上できるか講義指導を受けています。

3.毎年定期的に彰化縣環境保護局及び高雄市環境保護局と廃棄物回収処理の契約を結んでおります。

4.毎年人を派遣して安全衛生訓練及び消化人員の訓練課程に参加しています。

炭素削減省エネと大地共生を目指しております。

‘‘ Carbon Reduction ’’

1.工場内で生産する主要材料は定期的にSGSでアルミメッキ材質検査を受け、お客様に品質訴求に関し、環境危害物不使用の保証を確保しています。並びに常に自然生態環境の為に厳しくチェックしております。

2.製品を包装する材質は主に紙材を優先し、使用済の紙袋或いは、入荷時のダンボールは、整理して出荷用の包装材に再利用したり、物の寿命を延ばし、極点まで有効活用します

3.生産用ニッケルブロックは、再利用して切り砕き、或いは洗ってきれいにした後、再利用します。
4.工場は二重屋根構造で、工場の周りには木や芝が植えてあり、チェーンレンガの歩道、温室効果ガス大幅削減の放射設備があります。

5.作られた酵素は、工場エリアの環境に戻され、天然で環境に優しいです。

6.事務所の従業員は、室温が28℃を超えたら、冷房をかける様なルールになっています。

人材の育成

‘‘ Talent Cultivation ’’

1.作業工程の管理は、人的資源により棚卸しして、まとめます。組織機能の運営と人事行政管理は、人的資源により、体制を立てたり等して発展させます。会社の経営理念を方針とし、明確に組織機能を企画し、権力と責任を明確にし、スムースな管理を行い、並びに組織編制は人材を募集抜擢し、適材、適職、適所に配属します。そして、2011年には、TTQS評価審査して、更に着実に人材の教育訓練と養成を行っています。

2.作業員は100%全て彰化縣エリア内の人材です。着実に郷里の理念をフィードバックし、地区の就業人口を増やしています。

社会福祉

‘‘ Social Welfare ’’

淩雲科技は、上から下まで身を投じて、福祉に全力を尽くしています。黄仁俊総経理は、定期的に献血し、今まで毎年4回以上毎回300cc以上の献血をしています。更にこの影響を受け、今年は半数以上の従業員が定期的に献血する習慣になりました。黄総経理は、同済会の事務にも長年参与しており、2012年には同済会の児童ケア委員会の主任に就任し、福祉活動を推進し続けています。